CTP校正

プルーファーとして

DTPに代表されるように、技術の進歩・発展と共に印刷工程は急速にデジタル化が進んでいます。
しかしながら、カラープルーフ工程においてはそのデジタル化が発展途上にあります。DDCPやインクジェットプリンターは決して"本紙"校正に代わり得ません。
アナログからデジタルへ。
当社はCTPを導入して、シームレスなデジタルワークフローを提供いたします。

ワークフロー

ワークフロー

デジタルデータのメリット

データがデジタル形式であれば、基画像の劣化が抑えられます。
併せて、弊社のFTPサーバーもご活用ください。
デジタルデータ容量が大きいときに、直接PC~PCへファイルをアップロード可能です。


データ受け取りから仕上がりまで

デジタル

1.サーバーからダウンロード

2.データ種類により
●Bit Stepper
●True Flow Flatrunner+Flatworker
へ振り分け

3.CTP刷版

4.平台校正機へ

5.仕上がり

お問い合わせ お問い合わせ

PAGETOP